歯医者で宿題を出された女性

画像の説明


心の緊張


歯医者で宿題を出された70代の女性。


ここに来院されている女性のお母様で、一緒に来院されました。


お悩みは、歯、腰、足、膝、手の震え、肩こり、眼精疲労。


2週間ほどまえから、歯が浮いたような違和感があり、歯医者へ行ったところ





「虫歯じゃないですね。ストレスが溜まってはいませんか?

全身の緊張からきているので、どこかマッサージへ行かれたりリラックスしてきてください。次回までの宿題です。」






と言われたそうなのだ。


そこで、娘である女性のお客様が“それだったらまずはここよね”とご紹介してくださったのでした。


歯医者さん、すごいですね。


そういった風に、伝えてくれる歯医者さんはあまり聞かないので驚きました。


しかし、この女性の緊張はマッサージではおそらくとれない。


なぜなら、緊張の原因は“心の緊張”だから。


そこで、女性とお話しをしているとわかったことが複数。


女性は、白黒思考(0or100思考)であるということ。


思いついたらすぐに実行しないと気がすまないこと。


人も自分も許せないということ。


やるのもやらないのもストレスということ。


ご主人との関係性で不満が溜まっていること。


いやぁ、それは「脳・神経系」も緊張して不調もでやすいというもの。


ということで、今回は“どうしてそのような状態になっているのか”を詳しくお話しさせていただきました。


画像の説明


私たちは生まれたときは、まっさらな状態です。


そこから、両親の教育、周囲の大人達や友達や学校生活といった環境のなかで





信念(観念)





が出来上がります。


これは、「~すべき」「〇〇は〇〇であって当然」であるといった心の枠組です。


例としては


・男性は~女性は〇〇であるべき

・大人、子どもとは〇〇であるべき

・マスクは絶対につけるべき

・ワクチンは絶対に打つべき

・母親は~父親は~〇〇であるべき

・社会人は〇〇であるべき



といった強い気持ちのことですね。


この気持ちが良くも悪くも、私たちの行動や考えに影響を与えています。


うまく働けばとても頼もしいのですが、あまりにガチガチすぎると息苦しさや生き辛さの原因になります。


さきほどの例でいうと





・軟弱な男や、女性らしくない女性

・大人らしくない大人、子どもらしくない子ども

・マスクをつけていない、ワクチンを打っていない

・自身の理想の母親像、父親像ではない

・自身の理想の上司や部下ではない、動かない






みたいな感じですかね。


ここで、イラッとくる方と“ふ~ん”とか“わたしのことだー!!w”と感じる方にわかれます。


イラッとくる方は、ひょっとしたらそういった枠組があるのかもしれません。


ご自身の枠組から外れている人をみて「~べき」といった気持ちが反応しているからです。


こういった、心の枠組が多いと「脳・神経系」が緊張して身体に様々な不調がでやすくなります。


多様性の時代になってきています。


自分にも他人にも寛容的にありたいですね。


女性のお客様は、笑顔で帰っていかれました。





心の緊張は体の緊張です。





心当たりのある方、お気軽にご相談ください。

 

この記事が参考になった。学びになった。

という方はぜひ

いいね!とシェアをお願い致します♪

 

ぱちぱちカイロプラクティックは、

【こころもからだも整える“自律神経専門”カイロプラクティック整体院です】

黒崎駅から車で5分。岡田神宮、JCHO九州病院が近くにあります。

――――――――――――――――――――――

お知らせ&一言

寛容的でありたい

――――――――――――――――――――――

↓LINEでご相談はコチラから↓

YouTube:登録していただけるとモチベーションが上がります☺☺

Twitter:ぼそぼそつぶやき

お問い合わせ先はこちら:ぱちぱちカイロプラクティック

コメント


認証コード3052

コメントは管理者の承認後に表示されます。