1年ぶりの来院。

画像の説明


過程


「心臓の痛み」



「運動中に吐いた原因は??」



上記の男の子で、野球をしています。


約1年ぶりの来院でした。


あれからどうだったかというと・・・





めちゃくちゃ調子が良かった。





エースナンバーも獲得し本当に調子が良かった。


が、今年の2月あたりからだんだんと調子が下がっていき、ストライクが入らなくなった。


それから、一般的な投球フォームからサイドスローにチェンジをしているがうまく調子が上がらない。


この子の話を聞いていて、反応が強くでたのは2つ。


・試合

・フォームチェンジ




この2つで反応が強くでていた。


実際にこのワードがでるだけで、身体が緊張する。


緊張するということは、筋肉がかたくなり柔軟性が失われるので結果的にケガをしやすくなったりフォームが乱れやすくなる。





うまくいくものも、うまくいかなくなる





身体に軽く触れただけで、身体をよじるほど筋肉が緊張している。
つまりくすぐったいのね


アクティベータやらエネルギーやらなんやらを整えると、だんだんとくすぐったさがなくなっていくのでした


一番彼の筋肉がゆるんだのは、メンタルの施術。


詳しい内容は話せませんが



・試合

・フォームチェンジ




に関連することを整えると、身体の緊張がなくなり触れてもよじらなくなったのでした。





心と身体はリンクしています。





どこへ行っても改善しない方、お気軽にご相談ください。

 

この記事が参考になった。学びになった。

という方はぜひ

いいね!とシェアをお願い致します♪

 

ぱちぱちカイロプラクティックは、

【カラダ・ココロを整える“自律神経専門”カイロプラクティック整体院です】

黒崎駅から車で5分。岡田神宮、JCHO九州病院が近くにあります。

――――――――――――――――――――――

お知らせ&一言

緊張する原因は人それぞれ。

――――――――――――――――――――――

↓LINEでご相談はコチラから↓

YouTube:登録していただけるとモチベーションが上がります☺☺

Twitter:ぼそぼそつぶやき

お問い合わせ先はこちら:ぱちぱちカイロプラクティック

コメント


認証コード6056

コメントは管理者の承認後に表示されます。