八幡西区にお住まいの【強いマッサージ】じゃないと満足しない方へ。

画像の説明



突然ですが





強いマッサージは痛みを増やし、コリを強くします。





例えその場では楽になったとしてもです。





これは本当のことです。


あなたは強押しや揉みが好きですか?


強押しでないと満足できないのではないですか?


今までの臨床のなかで



・もっと強く押してほしい

・痛いくらい強くもんでくれ

・そんなんじゃ全然満足できない

・骨が折れてもいいから強くしてくれ

・もみ返してもいいから強く




という方をおおく施術してきました。


こういった方は、いつも強いもみほぐしや刺激を求めていて





・強い刺激(もみほぐし)がないと楽にならない。治らない。





と考えています。


全体重を載せた肘でぐりぐり押しても満足しません。
※現在このような施術はしていません。


例えその場では満足をしてもすぐに



・痛みやコリが治らない、すぐにぶり返す

・慢性的になりカラダがほぐれにくくなった

・もっと強く押してくれないと治らない

・この状態が当たり前である



と、体だけでなく心やお金にも負担のかかる状態になっています。


では、なぜ強いマッサージを受けるとその場ではスッキリするのかというと・・・





痛みを痛みで上書きしている





からなんですね。

痛みを痛みで上書きする

wallpaperbetter


痛みを強い刺激によって上書きをすることを


「広汎性侵害抑制調節」といいます。


これは痛みが発生している時に、新しい痛みを与えることで一時的に痛みをかき消す作用のことをいいます。





つまり





一時的に楽になったように感じているだけであって、

本来あった痛みは何ひとつ変わっていません。






新しい痛みに意識がむいているだけで、その刺激がなくなれば再び元の痛みに意識がいきます。


ということは・・・


強い刺激やもみほぐしをする施術では、





その場では症状が良くなったように感じているけれど

実は変化していないのです。






当院に来院されるお客様が、他院での施術を受けた時のお話しをしてくださいます。



「もみ返しが辛くて嫌なんです」


「もみ返しは良い反応だとききました」


「その時は気持ちがいいけれどすぐに戻るんです」


「これくらいの強さじゃないとききません。治りません。と先生に言われました」



強押し信仰の先生や、良かれと思い強いマッサージをしている


施術者は多く、筋肉をほぐして柔らかくするはずが


いつの間にか真逆のカチコチの体にされていることも。

もみ返しについて

画像の説明


実は強い力で押したりもんだりしたあとの“もみ返し”は好転反応ではありません。


強いもみほぐしやマッサージは“された感”や“満足感”は強いですが


筋組織や皮膚、毛細血管といった内部組織に与える影響も強いのです。


強い力でマッサージやもみほぐしを受けると・・・



・筋組織の破壊・損傷


・筋肉や血管が破壊された結果の炎症作用


・交感神経の緊張による痛み



目には見えませんが、内部ではこのような変化があります。


強いマッサージやもみほぐしに慣れていくと、感覚がまひしていきます。


これは決して良くなっているわけはなく、





単に痛みに対して鈍くなっているだけです。





私たちの脳は刺激に敏感ですが、同じ刺激が続くと慣れていきます。


慣れが続くと感覚も鈍くなります。


画像の説明


すると、強いマッサージや刺激を受けても鈍くなっているので





「もっともっと強く押して!!」





というような状態になっていくのです。


強い刺激を受け続けて良いことはありません。


痛みをより悪化・増長させていくことになります。


さらに、強いマッサージや刺激を受けると人は呼吸がとまってしまいます。


一緒にイメージをしていただきたいのですが、



家の中であなたは移動しています。そしてタンスの角に気づかずに足の小指をぶつけます。痛いですね。

その瞬間、呼吸がとまり全身の筋肉は緊張してガチガチになります。

全身の筋肉が緊張すると血管も収縮して血の流れも悪くなります。

これは防御反射といって、突然の痛みや刺激から反射的に守ろうという自然な反応です。

強い刺激を受けると人は自動的に防御反射が働き、カラダが緊張するようになっています。


強い刺激・マッサージを受けると、神経が興奮して体はかたく緊張します。


この状態を繰り返していると、





痛みを痛みで打ち消す





という痛みとの戦いになりどこまでいっても楽になることはありません。


これが強いマッサージや刺激をオススメしない理由です。


では、このような状態から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。


それは・・・


脳・神経系の誤作動を整える

20190123_183545 (1)


慢性的にくり返している痛みや症状は


「脳・神経系の誤作動」を整えていくことが大切なんです。


私たちの筋肉は勝手に動いたりしません。


例えば、足を動かすときに、脳から筋肉に


ー足の筋肉を動かしてくださいー


という電気信号が伝わることによって筋肉は動いているのです。


これが様々なストレスにより伝達がうまくいかなくなると


足の筋肉がゆるまず、かたく緊張したままになってしまいます。


この状態が続くと

筋肉の緊張→血管の収縮→老廃物の蓄積→炎症→痛み・痺れ


という流れで、肩や腰にコリや痛みがでてくるのです。


当院ではそういった「脳・神経系の誤作動」を整える施術をしています。

当院の施術

画像の説明


・アクティベータメソッドで全身の脳・神経系のバランスを調整します。


・ストレスや脳の学習体験など、心身条件反射療法や音叉メソッドを使い原因を特定し、不調に結びつかないサイクルに切り替えます。


・あなたに今、何が必要なのか日常で使えるケアなどをお伝えします。


強いマッサージや刺激がなくとも、適切な刺激があればカラダは自然にゆるんでいきます。


強く押さないと楽にならなかった体も、優しい刺激でリラックスできるようになっていきます。


痛みの原因は筋肉ですが、その筋肉を動かしているのは「脳・神経系」の働きです。


どこへ行っても治らない。改善しない。強押しじゃないと満足しないという方は


1度「脳・神経系のバランス」を整えることをオススメします。

↑ページのトップへ / トップ

画像の説明

住所:福岡県北九州市八幡西区岡田町6番20号 パークヒルズ黒崎101号

電話番号:093-616-8890

営業時間:平日10:00~20:00 土曜日10:00~17:00

定休日:日曜・祝日


a:719 t:2 y:0

電話はこちらへ